社員インタビュー

総務部付 主任(天馬精密注塑(深圳)有限公司 出向) 小高 良仁

天馬に決めた理由は?

就職活動中に天馬について話を聞く機会があり、明るい社風また射出成形という私の知らない分野での仕事に興味を惹かれたのがきっかけです。
また面接に行った際に、先輩社員の方々がすれ違うたびに挨拶をしてくれ、礼儀正しい会社だと思ったのが決め手のひとつでした。

今の仕事内容は?

私の任地であります深セン拠点は、OA機器のカバーや内装部品を生産するプラスチック成形をしており、その中で私は営業を担当しています。
見積作成、価格交渉、受注、量産納品までの受注業務管理、また受注に向けた新規案件等の情報収集を行っています。

今の仕事内容は?

天馬精密注塑(深圳)有限公司はどんな雰囲気の会社ですか?

とても明るく、仲間思いな会社です。当然仕事ですので、厳しいこともあります。
しかし、その厳しいことを皆で乗り切ろうという意識がとても高く、厳しければ厳しい程、皆で達成感を分かち合える会社です。

仕事のやりがいは何ですか?

人と人とのコミュニケーションです。営業である以上、売上は大切ですが、それ以上に人と接し、この人の為に頑張ろう、助けようという思いで仕事をしています。そこで仕事がうまくいき「ありがとう」と感謝されたときの達成感は言葉に変えられないものがあります。

一番思い出に残った/印象に残った仕事は?

中国に着任し8ヶ月となりますが、2ヶ月目にある得意先から大きな受注案件を頂きました。
その案件は、当時の得意先の売上を2.5倍にするとても大きなプロジェクトです。
社内一丸となり、お客様と問題点を克服し、プロジェクトを完了させた時の達成感は忘れられません。

社会人になって変わった所はどこですか?

オンとオフの切替だと思います。
学生時代は切替が出来ずに甘えたり、手を抜いたりすることがありました。
仕事では、手を抜いた分だけ自分に返ってきますし、会社全体に迷惑が掛かります。
遊ぶときは遊ぶ、仕事の時は精一杯取組む。大きく変わったのは、この点だと思います。

休日や業務後の過ごし方は?

業務後は社内の先輩や中国で知り合った方との食事が多いです。
休日は社内(日本人・現地メンバー)や知り合いとゴルフをしたり、食事をしたりして過ごしています。
回数は多く有りませんが、時には香港に買い物へ行ったりもしています。

天馬に合う人はどんな人だと思いますか?

明るくて人とコミュニケーションを取ることが好きな人だと思います。
天馬は仕事でもプライベートでも明るい職場ですので、上司・先輩・同僚と楽しく仕事が出来ると思います。

海外勤務ならではのエピソードは?

赴任前のイメージとは違い、中国の人は明るく、陽気で、仕事に対してまじめです。
業務後、食事に行ったりしますが仕事を忘れとことん楽しみます。ちなみにお酒が大好きです。
日本の乾杯が通じますが、意味が少し違い「お疲れ様」という意味合いではなく、「杯を乾かす(残さない)」という意味です。中国に来られる際には気をつけてください・・・。

海外勤務の良い点を教えてください。

言葉・文化は違いますが、違うからこそ色々な視点で物事を考えられるようになります。
日本では常識なことが赴任地では非常識なことが多くあります。
そういった面で、人としての見識が広がることは間違いありません。

ご応募を検討されている方へのメッセージ

ご応募を検討されている方へのメッセージ

天馬は海外拠点が多くあります。海外に興味がある、海外で仕事をしてみたいというやる気と好奇心ががある方、大歓迎です。
日本では出来ない経験がたくさん出来ますよ。

マイナビ2018

Copyright © 2014 TENMA Corporation All rights reserved