社員インタビュー

開発部企画課 主任 小山 雪

天馬に決めた理由は?

以前から、お洒落なインテリアショップに置いてあるものや、一部の人が高いお金を出して購入するものでもない、ふと生活の中に溶け込んでいる家庭用品に魅力を感じていました。そういう商品の開発に携わりたく、幅広い家庭用品を展開する天馬に入社しました。
探しているときはなかなか思うような家庭用品メーカーが見つからずに苦労しましたが、最後に受けたこちらの面接で、「心が通じた」と感じました。
入社してからのイメージは、最初に思った通りの地道で堅実な会社でした。

現在の仕事内容は?

開発部の企画課に在籍し、企画の元となる市場のリサーチから発案・デザインの指示など、多岐にわたる新製品立ち上げのベース部分を担っています。
とはいえ、立ち上げだけではなく、その後の品質や仕様の決定を行い実際に製品が発売されるまでに必要な事項を確認してゆく細かな業務も行っております。
時には実際にお店に足を運んで対象製品を他社製品と比較したり、細かいことでいうとどんなダンボールに詰めて販売するかなど、新製品に関して様々なことを検討します。

現在の仕事内容は?

天馬はどんな雰囲気の会社ですか?

開発部は、仕事に関しても、私生活に関しても気兼ねなく話し合えるアットホームな職場です。
もちろん必要最低限の礼儀はありますが、女性だからとか、上下関係を気にする事無く感じたことやアイディアを提案できる環境なので、モノづくりをする上では良い環境だと感じています。

仕事のやりがいは何ですか?

自分のかかわった製品は、機能や形、カラーなど、ほんの小さな事でも製品の一部に自分の思いがこもっています。だから、購入したお客様、販売店の方、社内の営業の方に喜んで頂けた時は本当にうれしい気持ちになります。
知り合いが買ってくれて、「いいよね」とか「便利だね」と言われたりすると、やって良かったーと思います。

一番印象に残っている仕事は何ですか?

一番新しい仕事の中で、キッチン用品の開発に携われた事です。
大学で勉強している時から、「いつかはキッチン用品を・・・・!」と夢見ていた分野でしたので、より気持ちが入った製品になりました。自分が毎日している主婦業と密接な分野である為、製品にリアリティをもって取り組めました。
また、天馬は女性が少ないので、この製品では女性ならではの視点で見ることで、より自分を活かせる仕事になったと感じています。

社会人になって変わったところはどこですか?

人と話すことが好きになりました。大学時代までは、どことな~く自分に自信がなく、「何を話せば・・・」と戸惑う事が多かったのですが、コミュニケーションの楽しさを感じる事ができるようになりました。・・・単におばさんになっただけかもしれませんが。(笑)
実際に会社で仕事をするということは、様々な環境から来た、様々な価値観の、様々な年齢の人に、自分の考えを伝えないといけないので、それを繰り返ししていく中で自然とコミュニケーションができるようになったような気がします。
また、数々のプレゼンをやっていくうちに、自分にも自信が持てるようになったのだと思います。

業務後や休日の過ごし方は?

現在、3歳の娘の母である為、残業は少しもできません。
周りの協力を得て、終業時間と共に保育園へのお迎えのためダッシュで帰る日々です。平日に自分の自由時間は皆無ですが、娘とともに家でごはんを食べ、遊び、お風呂に入り、9時に寝かしつけ共に夢の中へ・・・という非常に健康的な毎日を繰り返しています。そのおかげで、出産前よりストレスフリーですね。しっかり8時間睡眠のおかげでお肌のトラブルもありません。(笑)
子供がもう少し大きくなったら、自分の生活にゆとりを持って、色々なものを見たりして、デザインの幅を広げたいと思っています。

天馬の社風に合う人はどんな人だと思いますか?

家庭用品は、人々の暮らしを支える製品です。
開発部についていえば、ドーーン!と打ち上げる花火のような華やかさより、生活の中のヒントを地道に探っていく仕事が多いのが現実です。
ホームセンター向けの商品や家庭用品が多い開発部に関してだけかもしれませんが、日々の仕事や、生活、ささいな事でも自分の中で『幸せだな』、『面白いな』と感じ取る事ができ、地道な中でもしっかり前向きになれる人が合っているのではないかな、と思います。

応募を検討されている方へのメッセージ

応募を検討されている方へのメッセージ

自分もそうでしたが、就職活動をたくさんしているうちに、自分の希望でない所を受けてみたり、面接に向けて無理に自分を作り上げて見せる・・・など、とにかくなんだか自分を見失いがちになると思います。
そんな中でも、心から「この会社でこんな事をしてみたい!」とイメージできた時には、自然に熱意や言葉がこみ上げてくるはずです。それがきっと会社側にも伝わると思います。
そして、そう思える会社が天馬であれば良いなと思います。

マイナビ2018

Copyright © 2014 TENMA Corporation All rights reserved