社員インタビュー

開発部プロダクトデザイン課 係長 中島 秀介

天馬に決めた理由は?

天馬は収納やキッチン、サニタリーなど幅広い生活用品を扱っており、私は生活用品の開発の仕事がしたいと考えていたのでピッタリだと思い入社を決めました。
とは言うものの、初めは天馬のことを知りませんでした。(笑)
就職活動を始めた日に就職課へ行き、生活用品を作りたいと話したところ、天馬の求人の紹介を受け、就職課での評判も良かったので、すぐに受けに行きました。
そして、製品カタログや実際に会社を見て、「自分のやりたいことができる会社だ!」と思ったので決めました。

現在の仕事内容は?

主な業務はデザインと設計ですが、最近は企画から製品の立ち上げまで幅広く担当することもあり、関連部署と協力して製品開発を行っています。
入社後すぐに思ったのですが、1人が担当する仕事の幅が広いので学生時代に学んだことだけでは全然足りません。一言で製品開発と言っても、たくさんやることがあります。

現在の仕事内容は?

天馬はどんな雰囲気の会社ですか?

部署によって雰囲気が多少違うように感じます。
私の所属する開発部は、お互いの個性が強く、考え方がみんな違うのですが、製品開発という同じ目標に向かって、みんなが一致団結して仕事を進めています。
みんな気さくで、居心地が良いですね。

仕事のやりがいは何ですか?

やりがいと言えば、やっぱり「製品の開発」ですね。
自分の考えた企画やデザインが承認されて発売まで漕ぎ着けた時は、なんとも言えない達成感を感じます。デザインがボツになることも多々ありますので。(笑)
そんな製品を使っていただいたお客様から「使って良かった」などと声をもらえた時はなお嬉しいですし、また次の開発も頑張ろうと思います。
今後は、新たな分野の製品にもチャレンジし、自分が作ったものが「便利だね」と言ってもらえるようになりたいと考えています。

一番印象に残っている仕事は何ですか?

新分野としての物干用品の開発は非常に良い経験となりました。
これまではプラスチック製の収納用品開発がメインだったため、異素材(金属製)の物干に関しての商品知識はほとんどありませんでした。今までの知識が使えない上に、洗濯も自分ですることがほとんどなかったので、企画はゼロからのスタートでした。
他社商品や物干しの実態、お客様のアンケートを研究し提案した企画は何度もボツになりました。かなり落ち込んだ時期もありましたが、担当者間でなんとか知恵を出し合い、改善を重ねることで企画も通り、さまざまな問題をクリアして無事製品発売となった時には嬉しかったです。

社会人になって変わったところは?

いろいろな物事に関心を持つようになりました。
職業柄、常にアイディアを必要とするので、いろいろな物事を見聞きするということは、いざという時のシーズ(ビジネスの種)になります。
当然ながら知識はあればあるほど良いので、様々な分野に関心を持っています。
とは言え、まだ偏りがあるので時間とお金の許す範囲でいろいろな事にチャレンジしたいですね。

業務後や休日の過ごし方は?

家族との時間と自分の時間をバランスよくとるように心がけています。
家族とは季節毎のレジャーを楽しみます。例えば冬はスキー、春は筍堀り、夏は海水浴、秋は栗拾い、また一年通してBBQもよくやります。
自分の時間は、読書など自己啓発にあてたり、趣味のギターを気ままに弾いたりします。
体力が落ちてきたので運動不足解消としてテニスもしていますが、年齢的にも無理はできず、最近は終わった後の友人との食事がメインだったりします。(笑)

天馬の社風に合う人はどんな人だと思いますか?

どの会社にも言えるかもしれませんが、やりたい仕事を自分で見いだせる人だと思います。
また様々な部署の人と調整をしながら製品を開発していくので、みんなで協力して物事を進めるのが好きな人が合うと思います。
一言でいうと、チームプレイが好きな人ですかね。

応募を検討されている方へのメッセージ

応募を検討されている方へのメッセージ

会社にはいろいろな人がいます。仕事もいろいろな事があります。
そんな中で自分の考えを持ちつつ、周りの環境の変化や問題に前向きかつ柔軟に対応できることが何事においても重要だと思います。
就活は心身共に大変だと思いますが、これらを何とか乗り切って、天馬に入社されますよう応援しています。

マイナビ2018

Copyright © 2014 TENMA Corporation All rights reserved