社員インタビュー

財務経理部 主任 小平 まい

天馬に決めた理由は?

会社訪問をした際に対応してくださった先輩方の雰囲気が良かったため、こんな雰囲気の会社で働きたいなあと思いました。
また、元々希望していた業種がメーカーだったのですが、自分の中では「日本を支えているのはメーカー!」と思い込んでいたところもあります。
そのメーカーという業種で、簿記1級の資格も持っていたため、やりたかった経理業務ができ、勤務地も東京という自分の希望がすべて叶うということで、こちらの会社に決めました。
あとは、財務的に安定していると思ったのも天馬を選んだ一つの理由ですね。

現在の仕事内容は?

連結決算業務と月次決算業務が主な仕事です。
連結決算業務の方では、子会社の資料をチェックしたり、決算資料の作成や監査法人の対応をしており、月次決算業務の方では、工場の現金出納帳のチェックや会計伝票を作成したりしています。
日本の会社だけならそんなにたいした業務でなくても、子会社が海外のため英語でやり取りをしなくてはいけないですし、会計基準も違うので、大変なことが多いです。
苦手な外国語の部分では、他部署の方も協力してくださったりして、自分ももっと頑張らなければ!と刺激になります。

現在の仕事内容は?

天馬はどんな雰囲気の会社ですか?

部署ごとに雰囲気が異なる会社だと思います。
たとえば、自分のいる経理は家族のように和気藹々として仲良しなのですが、営業は声が大きい人が多く賑やかだったり、システム企画は独特の雰囲気があったりします(笑)

仕事のやりがいは何ですか?

決算業務という重要な業務に携わっていることです。
毎回、決算の報告が終わるたびに達成感がありますし、会社としての数字を扱っているため、責任のある仕事だと感じています。
決算間際で大変だと感じる時期もありますが、期日がある仕事なのでずっとつらいわけではありませんし、自然とやる気が上がってきます。

一番印象に残っている仕事は何ですか? 

連結会計システムの導入作業です。
入社1年目にして、連携会計システムの導入という大きな仕事を任され、初めはわからないことも多いし、忙しいことも多かったので、逃げ出したいと思うこともありました。
でも、上司やシステム会社のコンサルの方と協力して少しずつ前進しているうちに、やりがいを感じるようになり、最後は検証作業まできちんとやり遂げることができました。
周囲のサポートの力ももちろん大きかったのですが、仕事を任されたことで、責任感が生まれて、最後までやり遂げることができたのだと思います。

休日や業務後の過ごし方は?

休日は、友人とご飯を食べに行ったり、家族と出かけることが多いです。
業務後は、家事を手伝ったり、ヨガに行ったり、会社の人と飲みに行ったりします。
会社の人と飲むのは月に1~2回くらいかな。同じ部署の人や同期などで行くことが多いです。

天馬に合うのはどんな人だと思いますか?

自主性や向上心があり、人の気持ちを考えて行動できる人だと思います。
そういう人であれば、チャンスにめぐり合う機会も多いと思いますし、積極的に協力してくれる人もたくさんいるからです。
天馬はお互いをよくしたいと思っている人が多く、困っている人がいると部署関わらず助けてくれるので、私もよく助けられます。
あとは、個性的で発想豊かな人であればなおいいですね。

応募を検討されている方へのメッセージ

応募を検討されている方へのメッセージ

自分の力を信じてチャレンジしてみてください。
あと、手を挙げればやりたいことをやらせてもらえる会社なので、積極的に来て欲しいです。

マイナビ2018

Copyright © 2014 TENMA Corporation All rights reserved