社員インタビュー

工業品営業部 次長 猪崎 淳

工業品営業部 次長 猪崎 淳

天馬に決めた理由は?

大企業ではないけど中小企業でもない、でも財務体質が非常に安定している会社ということと、ものづくりを真面目に取り組んでいる会社だと思ったから。

現在の仕事内容は?

2016年に新設された車両事業課を担当しています。当社の車両事業は20年以上の歴史がありますが、国内外で事業が拡大する中、新たに課を設け社内のリソースを注力し、革新著しい自動車ビジネスで成長していくことを目指しています。現在インドネシアで操業を開始した車両事業について、日々の課題、改善の進捗や今後の方針などを毎日TV会議にて情報共有をしています。また国内事業においては、滋賀工場、山口工場、野田工場での新規案件の見積や、生産能力調整などを行っております。

現在の仕事内容は?

天馬はどんな雰囲気の会社ですか?

一人一人が小さな歯車となって働くような総合メーカーではなく、個々の活躍の場が広がる専業メーカーです。
そういう意味でも、人を大切にする会社だと思います。だから、心にゆとりの持った社員が沢山います。

仕事のやりがいは何ですか?

周囲と連携して大きな仕事に挑んだとき。
例えば、海外に新工場を設立するような案件では、大変な部分もありますが工場が完成して稼働を始めた時には最高の気分です。数年後その工場が利益を稼げるようになったら、もう乾杯するしかありませんね。

一番印象に残っている仕事は何ですか?

インドネシアで自動車向け業務拡大のため、日系大手自動車部品メーカーと合弁契約を締結できたことです。
この契約により、当社は自動車業界での足掛かりができたこと、相手先にとっては当社の既存工場を使えることで単独で進出するよりも大幅に短い期間でインドネシア進出が出来ました。
Win-Winの関係が築けたことで、自動車向け事業が8割を超えるまで成長できました。

業務後や休日の過ごし方は?

業務後は、会社の人や、学生時代の友達と飲みに行くことが多いですね。
週末は鎌倉でテニスをしたり、伊豆や富士山辺りをバイクで走り回ってます。家族からは、いつも大クレームです。

応募を検討されている方へのメッセージ

応募を検討されている方へのメッセージ

明るく素直な性格の人が良いですね。仕事は、自分一人で完結させることはできません。自部署や他部署、取引先やお客様と共に仕事を作り上げていきます。自分と異なる意見ややり方に遭遇した時、我を通すような事ではいい仕事はできません。そういう意味で、明るく素直な人が良いですね。偉くなれば、我を通せる・・かも。

リクナビ2019

Copyright © 2014 TENMA Corporation All rights reserved