社員インタビュー

総務部付 課長(天馬タイランド プラチンブリ出向) 吉田 直人

総務部門 課長(天馬タイランド プラチンブリ出向) 吉田 直人

天馬に決めた理由は?

最初は自宅から電車乗り換え無しで行けるという軽い気持ちで会社説明会に参加しましたが、その時に衣装ケース“Fits”を製造しているメーカーだと知りました。
見覚えのあるロゴだったので自宅を調べてみたら”Fits”に限らず、馬のロゴの入った家庭用品が多数あり、興味を持ったからです。

現在の仕事内容は?

私が現在所属している天馬タイランド プラチンブリ工場は、タイ国首都バンコクから北東方面へ車で約2時間ほどのプラチンブリ県にあり、そこで技術全般の管理業務を行っています。
日本で仕事をしていたときは、金型に特化した技術業務が大半でしたが、今は客先との技術的な交渉や調整、生産設備等の改善、改良や製品品質の保証度向上など、モノづくりにおける“プロのエンジニア”を目指し、日々精進しています。

現在の仕事内容は?

天馬はどんな雰囲気の会社ですか?

一言でいうと“アットホーム”な会社です。技術部は仕事も忙しく大変ですが、そんな中でも笑いの絶えない職場です。

仕事のやりがいは何ですか?

やはり海外ではトラブル等も多々発生しますが、タイの現地スタッフと力を合わせて、その苦難を乗り越えたときの喜びです。また海外では特定の部署の専門業務を担当するだけでなく、子会社の色々な要職を同時に兼務することが多く、現在私も責任のある立場で仕事を与えてもらっており、とてもやりがいを感じています!!
もちろん自分の采配一つで良い方向へ導くこともできますし、その逆も当然あり得ますが、色々と苦労して良い結果を出した後に、みんなで食べる食事がいつもよりとても美味しく感じることでしょうか(笑)

一番印象に残っている仕事は何ですか?

2005~2007年にかけて何度かTENMA(U.K.)LTD.(※現在は閉鎖)へ金型立上げの出張応援に行き、北欧名物の“白夜”を体験しました。
海外での仕事は大変でしたが、今では良い経験・思い出となっております。

業務後や休日の過ごし方は?

平日は、日本人赴任者同士で会社帰りに日本料理店でご飯を食べながら、お酒を飲んで1日の疲れを癒して帰ることが多いです。休日は朝からゴルフに行き、帰ってきたら近くのスーパーで買い物して、その後タイマッサージに行きます。夜は日本にいる家族と2時間くらいテレビ電話で家族団らんを楽しんでます。いつかは家族とタイ旅行を楽しみタイですねー(笑)

海外勤務ならではのエピソードは?

やはり言葉の壁は大きいですね。仕事中は通訳がいるので、その通訳たちに甘えていますが、休日のプライベートでは注文した食事と別のものが出てくることが頻繁に起こります(笑)またタイの人たちの性格は、親切で優しい人が非常に多いですが、こういう人たちに囲まれて仕事することで、自分も朗らかな気持ちになれることは良いですね。あと温暖な気候のせいか、のんびり屋さんも多いのですが、これは仕事に活かして欲しくないですね(笑)

海外勤務の良い点を教えてください

実際に海外勤務をしてみると、日本人以外の様々な人たちと仕事以外にもプライベートでも交流しコミュニケーションを取ることが仕事を円滑に進める為のコツだと気づくのですが、その他にも人生経験も豊富になりますし、また度胸をつけることもできます。
そして近年、各日系メーカーでは成長の一翼を担わせる目的で海外拠点へ実力のある人材を赴任させる事が多いと聞きますが、実際に部署によっては数百人の部下を持つこともあり、自分の言動や行動に対する責任は重大ですが、自分で考えてコントロールするダイナミズムを経験できるチャンスは日本より海外の方が多いということが海外赴任のメリットと感じます。
また海外勤務を経験する事は多様性を学ぶことでもあり、是非若いうちに経験して欲しい!!間違いなく、今後の自分の人生における良い意味での“糧”となるはずです!!

応募を検討されている方へのメッセージ

応募を検討されている方へのメッセージ

とにかく“やる気”です。問題が発生したときの原因・対策をとことん追究する気構えがあれば是非、天馬に来て欲しいと思います。

リクナビ2019

Copyright © 2014 TENMA Corporation All rights reserved