用語解説

ポリカーボネート(PC)

ぽりかーぼねーと

融点が高く、また溶融粘度も高い。 成形収縮率は0.5~0.8%と比較的小さく、ゲートの位置にも左右されない。 150℃以下では軟化しない。 衝撃強さが優れている。 成形収縮率が小さく、寸法安定性がよい。
用途 強度を必要とする部分や、動的な厳しい荷重を受ける部分に使用される。
注意点 吸水性があるので成形前に乾燥しておかないと、成形品の外観や品質に大きく影響する。 金型温度を高くすると成形サイクルが長くなる。 金型温度を低くすると成形品にひずみを生じやすくなる。 射出圧力が高すぎると成形品内部にひずみを生じ、割れやすくなる。
成形条件 金型温度は85~110℃の範囲がよく、高くすると流動性がよくなり、光沢もよく、ひずみの少ない成形品が得られる。 射出圧力は高く設定する。 成形温度は260~300℃の範囲で成形する。

ページTOPへ