用語解説

非晶性プラスチック

ひしょうせいぷらすちっく

不規則な配置で結晶にならずに固体になるもの。 結晶性プラスチックよりも寸法精度を確保しやすい。 ガラス転移点から+100℃の範囲で粘度が変化し、流動可能となる。

ページTOPへ