用語解説

熱硬化性プラスチック

ねつこうかせいぷらすちっく

加熱すると軟化します(ただし、溶融しません)。この状態のときに金型キャビティ内に射出して成形します。そして温度を上げ、化学反応により硬化させます。 一度硬化したものは加熱しても軟化しません。 熱硬化性プラスチックは全てが非晶性プラスチックで、射出成形には向かないものが多くあります。 成形サイクルは比較的長くかかります。

ページTOPへ