用語解説

熱可塑性プラスチック

ねつかそせいぷらすちっく

加熱すると溶けて軟化したり、溶融したりし、冷やすと固体になるプラスチックのことを言います。固化したものは加熱して再び軟化させることができます。また、これとは逆に熱を加え続けると固体になったり、2種類の原料を混ぜると化学反応を起こし固化するプラスチックを熱硬化性プラスチックといいます。

ページTOPへ