用語解説

耐ストレスクラック性 (Stress Cracking)

たいすとれすくらっくせい

プラスチックを長時間、一定の応力がかかる状態で薬品中に放置し、さらにこの状態で荷重をかけ、クラックや破壊される限界の応力のこと。

ページTOPへ