用語解説

塩化ビニル(PVC)

えんかびにる

溶融したときの粘度が高い。 溶融プラスチックの流動性が悪い。 耐酸性や耐アルカリ性などの化学的性質に優れている。 耐気候性が悪く、温度差に弱い。
用途 家電製品や内装品などに多く使用されている。
・注意点 温度管理を十分に行わないと、成形品が熱分解により、焼けを発生したり、金型を腐食してしまう原因となる。 射出圧力の伝達をよくするためにスプルー、ランナー、ゲートは太く、短くして、成形品の肉厚を可能な限り厚くする。 射出速度が速いと金型ゲート部で摩擦熱を発生させ、焼けの原因となる。
・成形条件 射出圧力は80MPa~120MPaの範囲で成形するが、若干高めに設定する。 成形温度は低めの設定がよいが、一般的には180~190℃で成形する。 射出速度は遅めにする。

ページTOPへ